画像広告の広告コード改修について

2016年12月14日より、管理画面から取得できる画像広告コードからiframeの要素を削除しました。
※イメージ広告のみ対応。HTML広告、テキスト広告、MyLink広告、Flash広告は対象外となります。

▼改修内容

1.新規作成する画像広告コードから以下の要素を削除
<iframe></iframe>

2.新規作成する画像広告コード内の<img>タグから以下の要素を削除
<height="" width="">

<iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="xxxx" width="xxxx" marginheight="0" scrolling="no" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=xxxxxxx&pid=●●●●●●●●" marginwidth="0"><script language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=xxxxxxx&pid=●●●●●●●●"></script><noscript><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=xxxxxxx&pid=●●●●●●●●" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=xxxxxxx&pid=●●●●●●●●"height="xxx" width="xxx" border="0"></a></noscript></iframe>

↓赤字部分を削除

<script language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=xxxxxxx&pid=●●●●●●●●"></script><noscript><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=xxxxxxx&pid=●●●●●●●●" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=xxxxxxx&pid=●●●●●●●●" border="0"></a></noscript>

すでに取得済みのiframe が入った広告コードについては問題なくご利用いただけます。