広告スペース管理について

広告コードを取得すると、広告スペースも自動で生成されます。(広告スペースについては [広告スペースとは何ですか?] をご参照ください)

こちらの画面では、生成された広告スペースを一覧で確認したり、広告の追加・削除ができます。

ex_blue_sm 1つの広告スペースには、最大10個のイメージ広告を格納することができます。テキスト広告やHTML,Flash広告は1つの広告スペースに1個のみ格納できます。

adflight2


広告スペース管理検索
作成された広告スペースを、広告主名やキーワード、広告スペースIDで検索することができます。

広告主名
広告主ごとに広告スペースを表示することができます。表示される広告主は広告が設定されている広告主のみです。

広告の種類
広告の種類やサイズごとに広告スペースを表示することができます。表示される広告種類やサイズは、広告スペースが生成されているもののみです。

一括削除
不要な広告スペースにチェックをつけ [一括削除] ボタンをクリックすると、該当の広告スペースを削除することができます。

CSVダウンロード
広告スペース毎に、広告スペース名や広告主名、各広告コードなどが一覧で表示され、それをダウンロードすることができます。
ex_blue_sm アプリ開発者の場合、HTMLコード1にandroidのコード、HTMLコード2にiOSのコードが出力されます。
それ以外のアフィリエイトサイトでは、原則「HTMLコード2」はブランクになりますが、広告の種類が「スマートフォン広告」だった場合のみ、HTMLコード1にオーバーレイ用のコード、HTMLコード2にインライン用のコードが出力されます。

広告スペース一覧
作成済みの広告スペースが一覧で表示されます。
初期値は「更新日の新しい順」です。各項目名をクリックすると並べ替えができます。
表示されている広告スペース名をクリックすると、[広告スペース詳細] 画面が表示されます。(詳しくは [広告スペース詳細について] をご参照ください)

広告スペースID:広告スペースごとに付与されるユニークな番号(広告スペースIDについては[広告スペースIDについて]をご参照ください
広告スペース名
:広告スペース名
広告主名:広告主名
広告スペース詳細:広告スペース詳細画面で設定した[説明]が表示されます。
広告の種類:広告の種類やサイズ
広告数:広告スペースに設定されている広告の個数
更新日:広告スペースを更新した日付